カテゴリー
感想

<この街に心揺れて>

台湾の映画なのですが、時節柄どうしても政治関連のことが頭をよぎってしまいます。しかし、話の内容自体は政治的な主張などはなく、純粋な恋愛映画なのですが、逆に言いますと、恋愛映画であるがゆえに、今の中国と台湾の関係を考えてしまいます。

現在、中国が香港への圧力を強めていることが世界の注目を集めていますが、その流れで台湾に対しても不安を感じて当然です。台湾は新型コロナの抑え込みに成功したことで世界的に評価され、WHOへの参加を希望していましたが、中国の圧力で実現できませんでした。(理由は、台湾は中国の一部だからです)

そうした政治の緊迫感とこの恋愛映画が今一つ結びつきませんでした。製作が2015年ですので、現在ほど緊迫感がなかったのかもしれません。ですが、中国との関係の難しさは中国が誕生したときからあったはずです。

実は、7~8年前妻が働いていた職場に台湾の方が働いていました。流暢とは言えませんが、そこそこに日本語を話していたそうです。妻の話では「その方はしばしば本国(中国のこと)の悪口」を話していたそうです。台湾の人が中国の人を快く思っていないのは想像できますので納得できることではありました。

それはともかく、この映画には「東京」という言葉がよく出て来ます。理由は、女性の主人公はカメラマンなのですが、活動拠点が「東京」だからです。その関連でしょうか、日本語を使う場面も幾度があります。昔から台湾は親日的と言われていましたが、そうしたことを実感させる場面でした。

政治のことを抜きにして、恋愛映画としての評価は10点満点で「7点」です。特に素晴らしさを感じたのは冒頭と最後の場面です。冒頭で主人公ではないのですが、映画の重要な役割を担っているキューピッド役の若い男性が言葉を発することもなく、単に行動しているだけでこの映画の内容を暗示させています。これを素晴らしいと言わずなんと言いましょう。

キューピッド役の登場により、この映画はファンタジーになっていますが、違和感がなく自然な流れでキューピッドを登場させていますので魅力になっています。この映画を一言で言いますと、「大人の恋愛映画」です。

最後の場面ですが、ストーリー的によくできており、最後の最後に物語がすべてつながるのです。伏線が最後の最後につながったときは感動しました。是非、ご覧ください。

韓国映画を観ていても思うのですが、東アジアの俳優さんは日本の俳優さんでそっくりな人がたくさんいます。どうしてもそれが気になって物語に集中できないという問題が僕にはあります。(笑)

では、また。

カテゴリー
感想

<ビリギャル>

2013年の作品なのですが、主演が有村架純さんだったということは有村さんが「あまちゃん」ですでにブレークしたあとということになります。まずは、そのことに驚きました。あと一つ驚いたのは、有村さんのお母さん役に吉田羊さんだったことです。

吉田さんがブレークしたきっかけは、中井貴一さんがなにかのドラマで見かけて自分の作品に抜擢したこと、と聞いたことがありますが、その吉田さんが世の中に認められて7年も経っていることになります。有村さん同様、ブレークしてそれなりの年月が経っていることに驚きました。

吉田さんは昨年だったと思いますが、それまで所属していた事務所と契約を終了したそうです。ブレークしたあとになにかの番組で、下積み時代に一緒に頑張ったマネージャーとの苦労話を話していましたので、契約を終了したことが気になっていました。

確か、吉田さんのマネージャーは個人で事務所を営んでおり、所属タレントは吉田さんだけだったように記憶しています。ということは、つまりそのマネージャーさんは所属タレントがいなくなることになります。一応は、円満退所となっていますが、二人の間にすきま風が吹いていた可能性があります。

マネージャーさんとタレントの関係で僕がすぐに思い出すのは、向井理さんとマネージャーです。マネージャーさんの本を読んだことがあるのですが、明治大学在学中にカフェバーでバーテンダーをしていた向井さんがなにかの雑誌に載っていたのを見て、スカウトしたそうです。

吉田さんと同じくマネージャーさんと二人三脚で芸能界を歩んできたのですが、向井さんもマネージャーさんと契約を満了しています。いい悪いは別にして、それまで素人だった人が芸能人としてそれなりの経験を積むとマネージャーさんとの関係も変わってくるのは自然の流れなのかもしれません。

吉田さんにしても向井さんにしても、ともに苦労してきたマネージャーさんと別れたあとも活躍していますので、訣別は悪い選択ではなかったように思います。タレントが独立しますと、在籍していた事務所と揉めるニュースを見かけますが、そうした話も聞きませんので理想的な成長もしくは別離と言えそうです。

ビリギャルはノンフィクションですので、モデルとなる慶大生が実在するのですが、やはり気になるのはその女性の実際の人生です。一般の人がマスコミに取り上げられて、その後の人生を狂わされる例を見ていますので、少し心配しました。

ネットで検索しますと、あれだけ有名になったのですから講演活動なども行っているようでした。現在は大学院に進学しているそうで、しかもその間に結婚と離婚も経験していました。人生、いろいろです。

講演活動では、「自分の慶大合格までの経験を元に、どんなことでも努力すればかなえられる」ことを訴えていたようです。しかし、僕はこの意見に反対です。

いつだったか忘れましたが、俳優の長澤まさみさんがあるインタビューで「努力の天才になりたい」と話していました。まだ長澤さんは20代だったのですが、そんなことを考えていたことに驚かされました。

僕は体育会系の人間ですので、根性とか努力を肯定する考えの持ち主でした。しかし、年を重ねるに従い、世の中には努力や根性だけでは乗り越えられないことがあることを考えるようになりました。つまり、持って生まれた環境や才能に縛られるという現実です。

例えば、人が遊んでいる時間に自分が勉強して学力を上げたことは素晴らしいことですが、世の中にはそのような環境に生まれていない人もたくさんいるのです。以前、東大の入学式での上野千鶴子名誉教授の祝辞が話題になりました。

===========
「がんばれば報われる」と思えることは“恵まれた環境と能力”のおかげだとして、「あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください
============

長澤さんはあの若さで、「努力すること」さえも持って生まれた資質であることを悟っていました。言うまでもなく、生まれる環境は自分では選べません。努力する環境や資質は自分ではどうすることもできないのです。

そのことを理解するなら、他人を見下したりなどできないはずです。僕には、「ビリギャル」は謙虚な気持ちになることの大切さを教えているように思います。

また、来週。

カテゴリー
感想

「マイ・インターン」


2015年にアメリカ合衆国で製作されたコメディ映画。

監督・脚本・製作:ナンシー・マイヤーズ
主演:ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイ

内容・あらすじ
ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイというオスカー俳優が共演を果たしたヒューマンドラマ。

定年退職したビジネスマンと若くして起業し成功しているビジネスウーマンが最初はギクシャクしながらも、少しずつ友情を育んでいく物語。

【感想】
まず「10点満点中、7点」。「そこそこ面白かった」ので合格点ということになりますが、ロバート・デ・ニーロ さんの、あの笑顔は健在でした。やはり、僕がデ・ニーロさんで一番印象に残っているのはあの笑顔です。

「人懐っこい」とも見えますし、ときには「心の底からは笑ってない」ようにも感じられます。その絶妙な笑い具合がデ・ニーロさんの真骨頂です。

デ・ニーロさんは昔、「ボクサー」という映画でボクサーを演じていたのですが、このときはボクサーとして減量した美しい肉体から引退してデブッチョになった体型を実際に自らの身体で実現させたのが話題になっていました。

日本でもNHKで西郷隆盛を演じた鈴木亮平さんが同じようなことをやってのけたそうですが、役者魂を感じさせる武勇伝です。ほかにも役になりきるために歯を抜いたりしている役者さんがいますが、役にのめりこむ行いは役者みょうりに尽きるのかもしれません。

僕が最初に観たデ・ニーロさんの映画は「タクシードライバー」ですが、映画の内容は「ニューヨークの夜を走るひとりのタクシードライバーを主人公に、現代都市に潜む狂気と混乱を描き出した傑作」(https://movies.yahoo.co.jp/movie/13970/より引用)です。

僕は昔から「かっこ悪いのがかっこいい」と思っているのですが、「タクシードライバー」でのデ・ニーロさんの服装にハマリました。ジーンズにジャンパー姿という、どこにでもいそうなありふれたファッションなのですが、その「ありふれた」中に個性が満ち溢れているように感じていました。

40年くらい前に観た映画ですので、話の細かなら内容は覚えていませんが、デ・ニーロさん演じるタクシー運転手が夜の街で働かされている少女をマフィアから救うお話だったように思います。

計画を実行に移すために、デ・ニーロさんは肉体を鍛え、銃やナイフの練習をしている姿にも感銘しました。僕は単純ですので、銃やナイフの練習こそしませんでしたが、腕立て伏せのやり方などはマネをしていました。

デ・ニーロさんは演技派と言われていますが、演技派と言われる人たちには共通点があるように思っています。それは「なにもしないとき」の演技です。やはり昔見た映画に「卒業」という映画があったのですが、主演は若き頃のダスティン・ホフマンさんです。

この映画の最後の名場面は、ほかの男性と結婚する恋人に向かって、ダスティン・ホフマンさんが「教会の2階から大声で恋人の名前を叫ぶ」のですが、僕が感動したのは、そのあとの場面です。

二人して手を取り合って教会から逃げ出し、そのままバスに乗み、最後席に並んで座るのですが、座ったあとカメラはふたりの顔を映すだけなのです。ふたりはなにもせず、ただ前を見て笑っているでもなく、喜んでいるでもなく、ただ前を向いて座っているのです。

その表情からは、これから遭遇するであろう困難やそれらに立ち向かう強い決意が感じられました。それと同じものがデ・ニーロさんの笑顔からは感じられるのです。

ただ、僕的にはデ・ニーロさんとアン・ハサウェイが結ばれてほしかったです。40歳くらい離れていますが(笑)。

追伸:主人公の女性は深津絵里さんに似ていました。