猫は逃げた

2021年製作/109分/R15+/日本
監督:今泉力哉
出演者:山本奈衣瑠、毎熊克哉、手島実優、井之脇海、

あらすじ
画家の亜子とジャーナリストの広重は飼い猫のカンタと共に、順風満帆な生活をしているように見えるが、実は離婚する寸前の夫婦。面倒な話し合いは全て済ませ、最後はカンタの親権を決めて離婚する予定となっているが、その話し合いをする前にカンタが脱走し行方をくらましてしまう。亜子と広重はカンタの失踪をキッカケに出逢った頃の記憶を思い出していく。
(ウィキペディアより引用)

残り30分くらいの場面で主人公が夫に足の裏を揉んでもらったときのこみ上げてくる涙の演技が秀逸でした。あの演技にこの映画のすべてがあらわれているように思います。

終盤の4人のやりとりも抜群に面白かったです。松山を演じていた井之脇海さんの「おれ、絶対、ハモれないし」のときは一人で大笑いしてしまいました。

行定監督は天才だ!

それでは、さよならさよなら。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする