第3の愛

2016年製作/113分/中国、劇場公開日:2017年4月1日
監督:イ・ジェハン
出演者:リウ・イーフェイ、ソン・スンホン、

あらすじ
飛行機の機内で美しい女性が号泣する場面に遭遇した、大財閥の御曹司リン・チージョン。数日後、彼の元へ抗議にやって来た女性は、偶然にも飛行機で号泣していた女性ゾウ・ユーだった。さらに別の日、建設作業員の労災金をめぐる騒動で担当弁護士として会社へやってきた彼女と再会する。度重なる奇跡の出会いを経た2人の距離は次第に近くなり、激しい恋に落ちる。
(映画.com より引用)

最初は中国の映画だとは思っていなかったのですが、途中で「シェーシェー」という言葉が出てきて「はて?」と思い、感づいたわけです。しかし、男性主人公は韓国の2枚目スターですので、またストーリー的にも「韓国映画」と言ってもよいのではないでしょうか。

途中観ながら、「最後はどういった結末にするのか」と気になったのですが、ありきたりなハッピーエンドでないのは、それはそれでいいように思います。

それにしてもソン・スンホンさんのイケメンぶりは「さすがスター」って感じでした。そうは言いつつも、トータルでいいますと「☆3つ」ということでよろしくお願いいたします。

それでは、さよならさよなら。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする