死刑にいたる病

2022年製作/128分/PG12/日本
監督:白石和彌
出演者:阿部サダヲ、岡田健史、中山美穂、

あらすじ
鬱屈した日々を送る大学生・雅也のもとに、世間を震撼させた連続殺人事件の犯人・榛村から1通の手紙が届く。24件の殺人容疑で逮捕され死刑判決を受けた榛村は、犯行当時、雅也の地元でパン屋を営んでおり、中学生だった雅也もよく店を訪れていた。手紙の中で、榛村は自身の罪を認めたものの、最後の事件は冤罪だと訴え、犯人が他にいることを証明してほしいと雅也に依頼する。独自に事件を調べ始めた雅也は、想像を超えるほどに残酷な真相にたどり着く。
(映画.comより引用)

とっても恐くて重い映画なのですが、見応えは十分でした。サスペンスなので詳しくは書けませんが、阿部ちゃんと岡田君の二人劇を観ているようで迫力がありました。それにしてもテレビの「ふてほど」の役といい、今回の恐い役といい、阿部ちゃんってすごいですよね。

僕は阿部ちゃんが主演を務めている「彼女がその名を知らない鳥たち」も観ているのですが、阿部ちゃんって本当に怪優です。岡田君も朝ドラの「ブギウギ」で初めて見たのですが、朝ドラの前から業界では有名だったのだろうと思います。デビューしてから名前を変えたそうですが、自分というのをしっかりと持っている俳優さんと思いました。

それでは、さよならさよなら。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする