marusato一覧

NO IMAGE

黒い司法0%からの奇跡

演技力で凄い!と思わさせられたのは、最初のほうで主人公の黒人弁護士に身体検査をする若い刑務所の署員です。この段階では、簡単に言ってしまいますと「悪い奴」なのですが、後半の場面で黒人囚人の有罪の根拠が消滅したあとから雰囲気が「良い奴」になります。本当に微妙なのですが、それを雰囲気だけで観客にわからせるのを「演技力」といわずなんと言いましょう。

NO IMAGE

ブルー・バイユー

この映画の大きな主張は「移民の扱い」なのですが、話の展開として「生みの親と育ての親」の問題も扱っています。やはり「生みの親」と「育ての親」は違うよなぁって思わせる場面があるのですが、もしかしたなら監督はそうした経験、もしくは経験を持った人が近くにいるのかもしれません。

NO IMAGE

余命10年

それにしても、今年公開の映画がもうアマゾンプライムで観られるなんて、すごいですよね。この映画が公開されたときは、実はあまり興味が湧きませんでした。基本的に僕は「いのち」を扱う小説とか映画類を好きではありません。いかにも「お涙ちょうだい」のように思えるからですが、観始めますと、それほどあくどさも感じず、思いっきり涙を流すことができました。たまには、こういうミーハーな映画もいいものだなぁ、と思った次第です。

NO IMAGE

罪の声

2020年10月30日公開監督:土井裕泰出演者:小栗旬、星野源、松重豊、宇野祥平、古舘寛治、市川実日子、火野正平、宇崎竜童、梶芽衣子、 ...

NO IMAGE

めまい 窓越しの想い

この映画を観ていますとところどころでチャップリンの雰囲気を感じるのですが、例えばチョン・ジェグァンさんが演じているグァヌの設定が窓ふきだったりピエロだったりするところです。映画の真ん中あたりでグァヌがビルの屋上の角に座っているシーンがありますが、あのシーンはグァヌを天使に思わせることができる映像です。前に「天使のくれた時間」という映画を観ましたが、この映画をファンタジー的にとらえますと、窓ふきの主人公を天使になぞらえているとも思えます。

NO IMAGE

ドライブ・マイ・カー

映画のポスターでは「みさき」を演じる三浦さんと西島さんが映っているのですが、三浦さんが重要な役割をするのは後半だけなんですね。しかし、三浦さんと西島さんの距離が縮んでいく展開がとても自然で申し分ありませんでした。あ、それと僕は個人的に西島さんの妻役であった「音」を演じた霧島さんはタイプです。

NO IMAGE

追憶

前に、撮影監督して有名な木村さんが岡田君をべた褒めしている記事を読んだことがあるのですが、岡田君は制作側の人にとても気に入られている感があります。僕の世代ですと、V6で活躍していた頃を知っていますので、どうしても岡田「君」と呼んでしまいたくなります。ですが、NHKの大河でも主演をしていますので、本来は名優に入る一人なのでしょう。おそらく、僕のような素人ではわからない玄人にしかわからない魅力があるのだと思います。

NO IMAGE

護られなかった者たちへ

内容的にはサスペンスの部分もあるのですが、正直なところ、そこまで謎ということはなく、出だしで「大作感」を出していただけに少し物足りなさを感じました。また、社会制度としての「生活保護」という福祉制度についての提言をしているように思いましたが、問題点などもきちんと示していて、この制度の理想の形とかその問題点を平等に扱っていてとてもよい印象を持ちました。

NO IMAGE

監視者たち

犯人役のチョン・ウソンさんはこれまでにも見たことがある俳優さんですが、前に「福山雅治さん」に似ていると書いたことがありますが、悪役を演じたのは珍しいのではないでしょうか。悪役ぶりにとても迫力がありました。

NO IMAGE

さよなら、僕のマンハッタン

映画を観るようになってから、アメリカでも地方と都会の違いがあることを知ったのですが、まさしく、タイトルからわかるようにこの映画は都会の映画です。僕の中では都会の映画と言いますと、「ウディ・アレン」さんが思い浮かぶのですが、都会で暮らす男女の物語といった面では通じるものがあります。