NO IMAGE

三島由紀夫VS全共闘 50年目の真実

この映画は昨年テレビで頻繁に告知していましたが、そのときとても「見たいなぁ」と思っていましたが、映画館に出かけるのは好きではありません。ですので、うれしさも半端ではありませんでした。いつもはアマゾンプライムを開いても、「どれを観ようか」と一覧の中を行ったり来たりするのですが、今日はそんなこともなく一発で決まりました。

NO IMAGE

セブンデイズ

サスペンスものは終わりのほうのどんでん返しが見どころですが、この映画も二転三転していて面白かったです。ですが、物語の展開の中でなんとなく伏線を感じる場面もあり、二転三転も予想ができなかったわけでもないとも言えそうです。

NO IMAGE

火口のふたり

以前、『きみの鳥はうたえる』という映画をこのコーナーで紹介しましたが、やはり柄本さんが似た(?)ような役を演じていました。柄本さんはその映画で第92回キネマ旬報ベスト・テンと第73回毎日映画コンクールで主演男優賞を獲得しているのですが、この映画も同じ流れで主役に選ばれたような感じがします。

NO IMAGE

「引っ越し大名」

時代劇を経済の角度から作るようになった最初は「武士の家計簿」だと思います。実は、この本は映画化されるかなり前に読んでおり、それが映画になることを知ったときは驚きました。それまでの時代劇と言いますと、悪代官をやっつけたり、君主の敵討ちだったりと経済とは無縁の内容でしたので、最初に考えたプロデューサーの先見性に尊敬です。

NO IMAGE

「運び屋」

<!-- wp:paragraph --> <p>若い人向けというよりも僕のような人生の後半を迎えている人用の映画という感じです。映画のテーマを簡潔に言いますと「人生は仕事よりもプライベート、この映画では家族のことですが、それを大切にすることが重要」ということでしょうか。</p> <!-- /wp:paragraph --> <!-- wp:paragraph --> <p>ここで肝になるのは、「プライベートよりも仕事を優先する心理」です。これも簡単に言ってしまいますと「周りからの評価、今ふうに言いますと承認欲求ですが、その気持ちが強すぎるから」です。人間は誰しも他人から称賛の声をもらいたい生き物ですが、今のSNSを見ていますと、そうした人間の業を見て取ることができます。</p> <!-- /wp:paragraph -->

NO IMAGE

愛がなんだ

<!-- wp:paragraph --> <p>僕はもう、かなりおっさんなので、あれなんですけど面白かったぁ。20代~30代の人には刺さるだろうなぁ、って思いました。原作は角田光代さんですが、「さすが」といった感じです。</p> <!-- /wp:paragraph --> <!-- wp:paragraph --> <p>映画の終盤で仲原さんと田中さんが話す場面がありますが、その中で仲原さんが「誰でもいい、ていうのが、僕辛いんだ」というのが、この映画のひとつの結論ではないでしょうか。そんな気がしました。</p> <!-- /wp:paragraph -->

NO IMAGE

「九月の恋に出会うまで」

「いつ恋」には歌の世界で超有名になっていたトリプルAの西島さんも出ているのですが、僕は西島さんの役が大好きで、しかもそれを見事に演じ切っていた西島さんにも好感していました。実は、最初西島さんがトリプルAの人だとは知らなかったのですが、あとから知り演技力の凄さに驚いた記憶があります。

NO IMAGE

マンデラの名もなき看守

しかも、そうした社会がそれほど昔のことではないことに驚かされます。それどころか、米国では今もって差別が行われているという事実があります。せめてもの救いは心優しき正義感を持った白人の人たちちもいることです。この映画の主人公は、差別が悪いことと自覚していました。

NO IMAGE

「君への誓い」

製作:2012年(アメリカ)監督:マイケル・スーシー出演者:レイチェル・マクアダムス、チャニング・テイタム、 映画のはじまりの部分は...

NO IMAGE

「七つの会議」

<!-- wp:paragraph --> <p>この映画を観ていて最初に思ったことは、出演者全員の身長が低いことでした。そんなところに注目するのは僕が身長にコンプレックスを持っているからかもしれませんが、主人公の野村萬斎さんはじめ香川照之さんといった主要人物の身長が低いことに意識がいってしまいました。</p> <p>この映画のキーワードは「隠蔽」ですが、似たような事件が2001年に起きたことを思い出しました。「雪印牛肉偽装事件」という事件ですが、