NO IMAGE

市子

地味な映画なんですけど、僕はとても好きで、見応えがありました。杉咲さんがとにかく素晴らしい。基本的に僕はこういう社会の底辺で生きている人の映画が好きなのですが、一般的には難しいのかなぁ…。

NO IMAGE

ペパーミントキャンディー

ですが、正直な感想としては、日本人の僕からしますとあまりピンときませんでした。つまり、僕からしますと「名作」と思える内容ではなかったのですが、おそらくこの映画は韓国の人が観ると僕が感じるものとは違う感性が働くのではないでしょうか。

NO IMAGE

オアシス

2002年製作/133分/PG12/韓国監督:イ・チャンドン出演者:ソル・ギョング、ムン・ソリ、アン・ネサン、リュ・スンファン、ソン・ビョ...

NO IMAGE

軍中楽園

台湾の映画ということでやはり中国との確執を感じざるを得ない内容ですが、全体的におもしろかったです。でも、時間的にもう少し短くすることもというか、短くしたほうがよかったように思います。

NO IMAGE

英雄の証明

それはさておき、映画の内容が普通に西側諸国で製作されそうなことが不思議でしたし、イランという国が西側諸国に劣らないほどITが社会に浸透しているのも驚きでした。一般の人が普通にスマホを使っていますし、パソコンのモニターも今どきの厚さでした。

NO IMAGE

フラッグ・デイ 父を想う日

ダメおやじの話なんですけど、とても面白かったです。普通の展開ですと、どんなにひどい親でも最後には改心して「よい父親」になっておわるのでしょうが、この映画は最後の最後まで「ダメおやじ」で死んでしまうのでした。僕はそこに共感したのですが、その理由は僕がダメおやじだからです。

NO IMAGE

サンザシの樹の下で

低予算であるのはわかりますし、プロというよりは、こう言ってはあれですが、学生が作ったような映画でしたが、それらを払いのけるほど、素晴らしい映画でした。中盤くらいまでは、観ていてこちらが笑顔になる場面がたくさんありました。それも、特別になにか起こるのではなく、ほんの些細な生活の出来事の一部だけでです。それもとてもよかったです。

NO IMAGE

百花

しかし、僕の結論から言いますと、「名プロデューサー、名監督にあらず」といった感想です。理由はわかりませんが、背景やカメラの焦点が「映したい人物」以外の箇所がぼやけていました。特に出だしはそうした映像ばかりなので、意図的だとは思いますが、正直なところ、気になって気になって仕方ありませんでした。

NO IMAGE

ラーゲリより愛を込めて

<!-- wp:paragraph --> <p>面白かったです。年をとって涙腺が緩くなっていることもあるかもしれませんが、涙、涙、涙、でした。</p> <!-- /wp:paragraph --> <!-- wp:paragraph --> <p>戦争って起こしちゃ、起こさせちゃ、いけないですよね。そのためには政治に関心を持ちつづけることが大切です。</p> <!-- /wp:paragraph -->